本文へスキップ

キャリカウンセラー通信講座で資格取得

キャリアカウンセリングとは/キャリアカウンセラー

キャリアカウンセラー 養成講座

キャリアカウンセリングとは

キャリアカウンセリングとは

「もっと仕事を楽しみたい」「自分に何が向いているのかわからない」・・・個人が自分自身の人生を考えるときに、仕事を切り離して考えることは出来ません。

キャリアカウンセリングとは、その個人にとって望ましい職業選択やキャリア開発を支援するプロセスのことです。

単に個人と職業のマッチングを考え、仕事を見つけるお手伝いをするだけではありません。人生で遭遇するさまざまな経験を積極的に受け止め、その人にとってより幸せな人生を描く成長の糧とするための支援です。

キャリアカウンセリングの対象は、相談者の「自己概念」です。「自己概念」とは、「自分で自分の事をどのように考えるか」ということです。

すなわちキャリアカウンセリングとは、相談者が自分のことをどのように考えるか、について支援することなのです。

何もない宇宙のような空間にぽかんとあなたが浮かんでいるのを想像してください。
さびしいですね。最初(生まれた時)からその状態では、自己概念は存在しないかも知れません。

家族がいて、友人がいて、職場があって、ひょっとしたら家に帰れば猫のタマがいて・・・そんな中に自分がいる。いろんな人や物や事柄との関係の中で自分を感じることが出来るのではないでしょうか。

いろんな人や物や事柄との関係の中で、つまりそれらとの関係を経験することを通して自己概念が形づくられ、成長するのです。

小学校時代、大病をし幼くして命の尊さを知る。高校で親友と喧嘩をして、人間関係の難しさ、大切さを知る。苦労して難関大学へ入学、卒業しても就職できず1年間アルバイト生活、職業人生について考える・・・。

このように、生まれてこのかた我々は様々な事柄を経験しますが、同じ経験をしてもその受け止め方は人によって様々です。努力を重ねて資格を取得することで自分の成長を実感する人もいるでしょう。

一方でつらい事柄を経験し、落ち込むことは誰にでもあることです。

ある経験から「あぁ、おれはもうだめだ」と思ってしまうような人もいます。

そのようなつらい経験は、できることならしない方が良いのでしょうか。


企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座

カウンセラー講座
ヒューマンアカデミー通信講座

企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座
勤労者へのメンタルケアを学ぶ。
医療や心理の現場で活かせるスキルを学び身につけ、現代社会へと貢献することができる資格。