本文へスキップ

キャリカウンセラー通信講座で資格取得

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)とは/キャリアカウンセラー

キャリアカウンセラー 養成講座

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)とは

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)とは

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)とは、キャリアカウンセラーの実務家向け資格です。2000年に誕生しました。2010年7月現在で、約8,800名の方がCDA資格を取得しています。

CDA資格認定試験は、厚生労働省のキャリア形成促進助成金(職業能力評価推進給付金)の対象となる「キャリア・コンサルタント能力評価試験」として指定されています。


CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)は、実務家レベルのキャリアカウンセリングを目指す方の認定資格。日本では職業自体が不明確なため、個人の経歴と合わせていくのが困難です。

そこで経歴から個人の能力・興味・価値観・経験を出し、職務からは仕事の特長・事業内容・必要な能力を出してマッチングさせるためキャリアカウンセリングが必要となります。

このような背景から日本キャリア開発協会(JCDA)では国内におけるCDA資格の仕組みを整え、現在、厚生労働省の職業能力検定のひとつにも認定されています。


CDAは、
企業、組織内の人事・教育担当者
人材派遣、人材紹介エージェント
学校進路指導担当者
職業安定機関のカウンセラーや相談員
経営人事コンサルタント
各種相談業務担当者
ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士など

多くの方にお勧めできる資格です。


企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座

カウンセラー講座
ヒューマンアカデミー通信講座

企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座
勤労者へのメンタルケアを学ぶ。
医療や心理の現場で活かせるスキルを学び身につけ、現代社会へと貢献することができる資格。