本文へスキップ

キャリカウンセラー通信講座で資格取得

CDA資格を取得する方法/キャリアカウンセラー

キャリアカウンセラー 養成講座

CDA資格を取得する方法

CDA資格を取得する方法

日本キャリア開発協会(JCDA)が実施するCDA資格認定試験(1次試験:筆記試験、2次試験:面接試験)に合格し、協会入会・資格登録をする必要があります。

CDA資格認定試験の受験資格を得るには、次の3つの条件を満たしている必要があります。

20歳以上で社会人として通算3年以上の職業経験を有する者、CDAカリキュラム(キャリアカウンセラー養成講座通信教育と通学コースの両方)の修了、そしてCDAカリキュラムの修了日から5年以内の受験であること の3つです。
受験願書は、通学コースの中で配布されます。

CDA資格を取得するには、まずキャリア支援者に必要とされるスキルや知識を学ぶ認定CDAカリキュラムを修了し、資格認定試験に合格する必要があります。
JAD認定カリキュラムを受講
JCDA認定CDAカリキュラムは12の能力を修得する講座です。同時にキャリアコンサルタント能力評価基準に準じた内容です。
JDA認定カリキュラム教育機関に手修了証発行
JAD認定カリキュラム修了証を取得
修了基準は各教育期間によって異なります。
  
資格試験へ出願
受験資格証明書、JCDA認定CDAカリキュラム修了証、受験申請書等の必要書類をJCDAに提出。
受験資格審査・
受験票交付
資格試験
1次試験(学科)と2次試験(実技)で構成されています。
  
審査・合格発表
合格    
   
日本キャリア開発協会入会申込み    
CDA資格登録手続
CDA資格認定証の交付  
※日本キャリア開発協会にご入会と同時に
CDA資格認定証が交付されます。
 
※認定証の有効期限は5年間です。5年毎に更新が必要となります。
※更新には、5年で100ポイントの更新ポイントをためる必要があります。
 


企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座

カウンセラー講座
ヒューマンアカデミー通信講座

企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座
勤労者へのメンタルケアを学ぶ。
医療や心理の現場で活かせるスキルを学び身につけ、現代社会へと貢献することができる資格。