本文へスキップ

キャリカウンセラー通信講座で資格取得

CDA資格試験概要/キャリアカウンセラー

キャリアカウンセラー 養成講座

CDA資格試験概要

CDA資格試験概要

■受験料

【1次試験】 15,750円(税込) 【2次試験】 21,000円(税込) 


■試験範囲

CDAが習得すべき以下の12の能力を審査します。
1.支援するスキル
2.固有なニーズを持つ人々への対応スキル
3.倫理的・法律的問題
4.指導と学習
5.キャリア・デベロップメントのモデル
6.アセスメント(評価)
7.テクノロジー
8.労働市場情報および資源(リソース)
9.求職活動のスキル
10.トレーニング
11.プログラムの管理と実施
12.普及とPR活動


■試験方法

本試験は、1次試験と2次試験から成る。1次試験は学科試験とし、2次試験は実技試験とする。


■出題形式

【1次試験】
学科(筆記)試験/90分/(CDAが習得すべき12の能力の基礎知識)
出題形式・・・・多肢選択式(4肢択一)50問、記述式2問、論述式1問(400字〜800字程度)

【2次試験】
実技(面接・ロールプレイング)試験/約60分(試験説明時間を含む)
判定ポイント・・・・傾聴スキル(支援スキル)を使い、信頼関係の構築を図るとともに、
クライエントのニーズや状況を確認すること


■受験資格

国籍、年齢、性別の制限はないが、1次試験・2次試験とも次の1〜3の条件をすべて満たさなければならない。

1. 20歳以上で社会人として通算3年以上の職業経験を有する者
  ※職種・業種不問。願書提出時に上記の年数を満たした職業経験を有すること。
※在学中のアルバイト勤務期間は、必要とされる職業経験を有する期間として算定はいたしません。
2. 下記の(A)または(B)に該当する者
  (A)CDAカリキュラム(養成講座)修了者
(B)協会での審査の結果CDAカリキュラム修了相当の者と認められた者
  ※ CDAカリキュラム修了相当の者とは、次のいずれかの者をいう。
なお、次の(1)から(3)の業務とは、「採用面接、配置・評価面談、キャリアカウンセリングやキャリア開発、進路面談、キャリアガイダンスやキャリアカウンセリングに関するインストラクター業務等」を指し、管理業務、事務管理、補助業務は審査対象外です。
(1) 企業、団体における人事・教育関連業務に15年以上従事した者
(2) 人材紹介業、人材派遣業、再就職支援事業等の業務に10年以上従事した者
(3) 大学、短期大学、専門学校、高等学校等の進路指導、職業指導等の業務に10年以上従事した者
(CDAカリキュラム修了相当の者として受験を希望される方は、事前に協会の審査が必要です。審査を希望される方は、事務局へお問い合わせください。)

3. 2(A)のCDAカリキュラム(養成講座)修了者の場合は、修了日から5年以内の者


1.1次試験合格者
2.1次試験の合格発表日から2年以内の者
  (第19回以前の1次試験合格者は、1次試験の合格発表日より5年以内)



企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座

カウンセラー講座
ヒューマンアカデミー通信講座

企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座
勤労者へのメンタルケアを学ぶ。
医療や心理の現場で活かせるスキルを学び身につけ、現代社会へと貢献することができる資格。